慶應義塾大学 医学部小児科について

診療グループ

神経

対象疾患

けいれん・てんかん、運動や知能の発達の遅れ、 頭痛・神経痛、 脳腫瘍・脳奇形、 中枢神経系の感染症、脳血管障害、末梢神経・筋疾患(筋ジストロフィ−、重症筋無力症など)、心臓病、白血病、各種の手術後などに合併する神経症状の診断・治療にも心臓外科・小児外科・脳外科・形成外科と協力してあたっています。

特殊検査

ビデオ脳波

担当者からひとこと

米国ハーバード大学小児神経科と密接な交流があり、在日外国人の診療も行っております(英語圏のみ)。

担当医

高橋 孝雄(教授・小児科診療部長)
三橋 隆行(専任講師)
武内 俊樹(専任講師)
坂口 友理
篠原 尚美
大門 尚子
佐々木 万里恵


 

 

内分泌・代謝

対象疾患 

  • 成長に関する疾患(成長障害、低身長、成長ホルモン欠損症あるいは下垂体性小人症、高身長など)
  • 性に関する疾患(性分化異常、半陰陽、性腺機能不全、思春期早発症、思春期遅発症、原発性無月経など)
  • 外陰部の異常(ミクロペニスまたは小陰茎、停留精巣または停留睾丸、尿道下裂、膣口欠損など)
  • 性染色体異常症(ターナー症候群、クラインフェルター症候群など)
  • 副腎疾患(先天性副腎過形成症、副腎低形成など)
  • 甲状腺疾患(クレチン症など)
  • 尿崩症、骨系統疾患(軟骨異栄養症あるいは軟骨無形成症、軟骨低形成症、脊椎骨端異形成症、骨形成不全症など)
  • カルシウム代謝異常症(クル病、副甲状腺機能低下症など)
  • 尿細管機能異常(バーター症候群など)
  • 先天性代謝異常症(フェニルケトン尿症、その他のマススクリーニング関連疾患など)
  • 小児生活習慣病(高脂血症、肥満など)

登録患者数は6,600人を越え、毎週全国各地から新患患者の受診があります。

性腺機能不全の早期診断

多様な性腺機能不全症を乳幼児期に早期診断・治療する包括医療システムです。わが国唯一の高度先進医療として厚生労働省の承認を受けています。

性の決定・分化に関与する遺伝子解析、尿ステロイドプロフィルによる性ホルモンの一括分泌動態評価等の先進技術により、性分化異常、半陰陽、原発性無月経、ミクロペニスまたは小陰茎、停留精巣または停留睾丸、尿道下裂、ターナー症候群、クラインフェルター症候群、の原因検査および治療を行っています。

成長ホルモン治療

成長ホルモン欠損症あるいは下垂体性小人症、ターナー症候群、軟骨異栄養症あるいは軟骨無形成症、プラダ−・ウィリー症候群に対する成長ホルモン治療に関し豊富な治療経験があります。

実施中の臨床研究

小児内分泌代謝疾患の診療に関する研究

小児内分泌代謝疾患のため当院に入院・通院されていた患者さんの診療情報を用いた臨床研究に対するご協力のお願い(PDF:238KB)

副腎ホルモン産生異常の診断基準・重症度分類・診療指針の作成のため、当院に入院・通院された患者さんの診療情報を用いた 医学系研究に対するご協力のお願い(PDF:309KB)

担当者からひとこと

1)診断および治療のみならず精神的なサポートも含めた全人的医療を行う、2)小児外科、小児泌尿器科、産婦人科等と連携したチーム医療を行う、3)成人期まで視野に入れた成育医療を行う、以上3点を念頭において国内最先端の医療を提供することを心がけています。

担当医

松尾 宣武(名誉教授)
長谷川 奉延(教授)
石井 智弘(准教授)
井ノ口 美香子(准教授 慶應義塾大学保健管理センター)
吉田 理恵
佐藤 武志
水野 裕介
柴田 浩憲
市橋 洋輔

遺伝・奇形

対象疾患

先天異常 ・多発性奇形症候群の診断に取り組み、遺伝相談にあたっています。口唇・口蓋裂など顔面奇形、手足の奇形など、いわゆる先天異常を複数個所認める場合(多発性奇形症候群)、奇形に精神発達の遅れを伴う場合など。

多発性奇形症候群

多発性奇形症候群は疾患数が多く、個々の疾患が非常に稀であるために,一般的には診断が困難ですが、当科では日本で唯一の米国人類遺伝学会認定臨床遺伝学専門医である小崎 健次郎が積極的な診療を行なっております。

担当者からひとこと

小児科ばかりでなく、心臓外科、脳外科、小児外科、形成外科、整形外科、耳鼻咽喉科、眼科、歯科など多くの診療科を受診することも考慮して、診療科の枠組みを越えて長年にわたりフォローするように留意しています。

特殊検査

遺伝子検査 原因となる遺伝子が明らかとなっている疾患については、遺伝子検査による確定診断(DNA診断)が可能な場合もあります。十分な遺伝カウンセリングを行った後、実施しています。

担当医

小崎 健次郎(教授 臨床遺伝学センター)

関連情報

精神保健

対象疾患

初診時15歳以下の精神保健領域の疾患(神経性食欲不振症、集団不適応、心因反応、神経症、心身症、発達障害、境界人格、小児期うつ病・統合失調症)。

現在精神保健外来への初診患者、紹介患者は受け付けておりません。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

治療

再アタッチメント療法、遊戯治療、母子治療、家族療法、薬物療法、個人精神療法、入院による身体的心理的治療など幅広い治療法を導入しています。

担当者からひとこと

乳幼児精神保健の新しい知見をふまえた、小児の心の問題の予防、早期発見、治療に力を入れ、家族機能を積極的に発達させるような親相談・指導を行っています。

担当医

鴇田 夏子
勝丸 雅子
中村 俊一郎

腎臓

対象疾患

蛋白尿・血尿などの学校検尿異常、腎炎、 ネフローゼ、 腎不全、 先天奇形、 水腎症、 閉塞性腎症、膀胱尿管逆流、 嚢胞性疾患、 尿路感染、結石、 糖尿病性腎症、 尿細管疾患、 高血圧、 夜尿症(おねしょ)、遺尿症(おもらし)、他の身体疾患(心疾患、血液疾患など)に合併した水・電解質異常の管理を行っています。
慢性腎炎の治療(漢方薬治療を含む)、腎不全の進行防止のための食事療法、薬物療法を積極的に行っています。登録患者数は1200余名です。

周産期・小児医療センターの該当HPはこちら(尿路感染症先天性腎尿路異常)です。

特殊検査

超音波エコーガイド下腎生検、携帯型血圧計を用いた24時間血圧モニタリング

特殊治療

小児泌尿器科と連携したチーム医療を行っています。腎炎・ネフローゼの多施設共同臨床研究に参加し、最新の治療方法を導入しています。

担当医

粟津 緑(専任講師)
浅田 礼光

新生児

対象疾患

早産児、母親に合併症のある場合、胎児超音波で異常の認められた新生児を中心に、当院産科と協調した周産期医療を行っています。

担当者からひとこと

私たちの施設は日本周産期・新生児医学会 周産期専門医制度(新生児専門医)の基幹研修施設です。
NICU 9床、GCU 18床の中規模な新生児病棟です。2006年10月出生の妊娠25 週265 gの児(2007年4月退院)、1999年6月出生の妊娠23週289 g の児(2000年3月退院)、2010年10月出生の妊娠26週289 g(2011年6月退院)と出生体重の小さな児を救命しています。
御興味のある方は、The Tinest Babiesのサイトを御覧下さい。

教室内の内分泌・代謝、感染・免疫、循環器、腎、精神保健、神経、血液・腫瘍、呼吸器、遺伝・奇形の各分野の専門医のみならず産科、小児外科、心臓外科、眼科、耳鼻咽喉科、形成外科、整形外科、麻酔科などとの総合的なチーム医療を行い、様々な疾患に対応しています。また、退院後の精神運動発達のフォローアップを目的として、フォローアップ外来(新生児外来)、乳児健診を行っており、児の状態によっては様々な専門医と協力して診療しております。

NICUの関連教育施設には、東京都立小児総合医療センター 、さいたま市立病院、川崎市立川崎病院、横浜労災病院などがあります。

担当医

松崎 陽平
有光 威志
原 香織
関 芳子

研究協力のお願い

新生児グループでは「新生児・早産児のため当院に入院・通院されていた患者さんの診療情報を用いた後向き臨床研究」を行っています。カルテなどの診療情報を基に、臨床所見、検体検査所見、生理検査所見、画像所見、病理・組織所見と早産による呼吸学的あるいは神経学的予後との関連を探索します。ご協力をお願い致します。詳しいことは掲示文書をご覧下さい。

循環器

対象疾患

先天性心疾患、後天性心疾患、不整脈、原発性肺高血圧症、川崎病などを幅広く診療しています。登録患者数は8000名に達しています。

特殊検査

心エコー検査(出生前診断を含む)、心カテーテル検査(年間200件)、心臓電気生理学的検査、運動負荷試験、身体活動測定、心臓MRI検査が可能です。

特殊治療

小児心臓外科医との連携により、新生児・乳児期発症の重症心奇形手術(年間手術数140件)
肺動脈狭窄症などに対するカテーテル治療(年間20例)を行っており、きわめて良い治療実績を得ています。
原発性肺高血圧症の先端的な治療を当院循環器内科、肺移植施設と連携して行なっております。詳細は担当の福島 裕之までご相談下さい。

担当医

山岸 敬幸(教授)
福島 裕之(専任講師、医局長)
前田 潤(専任講師)
古道 一樹
石崎 怜奈
荒木 耕生
安原 潤
吉田 祐
多喜 萌

 <肺高血圧症チームからのお知らせ>

肺高血圧症診療チームでは、「肺高血圧症患者会との協働による難病患者の実情と支援に関するアンケート調査」を開始しました(詳細はこちらをクリック)。

血液・腫瘍

対象疾患

白血病、リンパ腫、神経芽腫、骨肉腫、横紋筋肉腫、ユーイング肉腫、肝芽腫な ど小児がん、血友病、再生不良性貧血、血小板減少性紫斑病など血液疾患。

担当者からひとこと

造血幹細胞移植を代表とする高度医療と患児の生存の質を重視した人間的医療との両立を目指しています。
日本小児がん研究グループ(JCCG)日本小児白血病リンパ腫研究グループ(JPLSG)東京小児がん研究グループ(TCCSG)などの多施設共同臨床研究に参加しています。

特殊治療

造血幹細胞移植(骨髄移植推進財団移植認定施設

実施中の臨床研究

1. 小児慢性期慢性骨髄性白血病(CML)に対する多施設共同観察研究(JPLSG CML-08)
2. 分子遺伝学的完全寛解を達成した小児慢性骨髄性白血病に対するチロシンキナーゼ阻害薬中止試験(JPLSG STKI-14)
3. 小児フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病(Ph+ALL)に対するチロシンキナーゼ阻害剤併用化学療法の第II相臨床試験(JPLSG ALL-Ph13)
以上、研究代表者または研究事務局

施設認定・診療科認定

東京都小児がん診療病院
関東甲信越地域小児がん医療提供体制協議会参加施設
小児血液・がん専門医研修施設

担当医

嶋田 博之(専任講師)
 小児血液・がん専門医・指導医、血液専門医・指導医、日本がん治療認定医機構認定医・暫定教育医、日本造血細胞移植学会認定医、小児科専門医・指導医
嶋  晴子(助教)
 小児血液・がん専門医、血液専門医、日本がん治療認定医機構認定医、日本造血細胞移植学会認定医、小児科専門医
山﨑 文登(大学院生)  小児血液・がん専門医、血液専門医、日本がん治療認定医機構認定医、小児科専門医
伊藤 淳平(助教)
小児科専門医
井上 恭兵(専攻医)
髙木 虎太郎(専攻医)

呼吸器

対象疾患

小児呼吸器疾患全般、長引く咳・鼻汁、先天性喘鳴、喉頭軟化症、副鼻腔炎、アデノイド増殖症(閉塞性睡眠時無呼吸症候群)、声門下狭窄、咽頭の協調運動不全(誤嚥)、喘息、反復性/慢性気管支炎、反復性肺炎、気管狭窄・軟化症、気管支狭窄・軟化症、気管支分岐異常、嚢胞性肺疾患、気道異物、慢性呼吸不全(慢性肺疾患、神経筋疾患などによる)

担当者からひとこと

小児呼吸器領域ではあまり行われていない内視鏡検査を積極的に取り入れ、喉頭部を含めた気道形態異常の診断・治療に用いて成果を上げています。

特殊検査

内視鏡検査

担当医

肥沼 悟郎
小林 久人

感染症

対象疾患

病棟では、市中感染症以外に、悪性腫瘍の化学療法や臓器移植手術などで免疫が低下している患者における感染症の診断治療を行っています。

担当者からひとこと

外来では、退院した感染症患者のフォローアップ、臓器移植患者に対する 予防接種を行います。感染対策室と協力して、水痘などの流行性疾患の院内発症防止に努めています。

実施中の臨床研究

    

小児科感染班では以下のような臨床研究を実施し、小児外来にも掲示してあります。また、小児病棟や小児外来には、この研究以外についても掲示してありますのでご参照ください。

「小児(科)患者におけるインフルエンザワクチンの効果」(詳細はこちらをクリック)

    

担当医

新庄 正宜(専任講師)

外来総合診療

対象疾患

子どもたちのすべての健康問題を対象とします。日常的な健康問題(発熱、咳、鼻汁、下痢、吐き気、腹痛、頭痛など)や思春期の健康問題(だるい、朝起きられない、睡眠障害、月経の異常など)に加え、予防接種、育児、成長、発達など、さまざまな健康問題の相談窓口としての役割を担っています。

担当者からひとこと

ひとりの担当医が継続して診療しながら、子どもたちの成長と発達、ライフサイクルを見据えた総合的な視点から医療を提供することを目指します。
家庭と社会の中に育つ子どもたちの多様な健康問題に対応するために、担当医が中心となり、専門医と連携をとりながら診療を進めていきます。

担当医

関口 進一郎

免疫・アレルギー

対象疾患

食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、じんま疹など

特殊検査

皮膚プリックテスト
経口食物負荷試験

担当医からひとこと

近年増加しているアレルギー疾患に対し、発症予防のためのアドバイスから治療までを行う総合的な小児アレルギー診療を提供することを目指しております。

担当医

森田久美子(日本アレルギー学会認定アレルギー専門医)
明石真幸 (日本アレルギー学会認定アレルギー専門医、非常勤医師)
冠城祥子 (非常勤医師)

スポーツ医学総合センター

担当者からひとこと

 

  1. スポーツ医学総合センター小児科では、心疾患や思春期やせ症などの基礎疾患を持つ小児を対象として、運動負荷試験による運動耐容能の評価を実施し、スポーツ参加の適否について判定をおこないます。
  2. 入院中および通院中の基礎疾患を持つ小児を対象として、フィットネスの向上を目的として、運動処方、運動療法をおこないます。
  3. 健常児を対象として、スポーツに関連した不慮の事故につながる隠れた疾患の発見を主な目的として、スポーツメディカルチェックをおこないます。

担当医

徳村 光昭(教授 慶應義塾大学保健管理センター)

後期研修情報
E-Learning
こどもの救急